OICFについて

大分インターナショナル・クリスチャン・フェローシップ(OICF)の歴史は25年に渡ります。

OICFは、英語で聖書を勉強したい日本人のために、また外国人教師が聖書に興味のある生徒を連れてくる場所として始まりました。その後、リーダー達が自分自身への励みと交わりの時間の必要性を強く感じ、コンパルホールで朝の礼拝を始めました。それが今日まで続いています。

OICFが他の教会と違うのは、決まったリーダーや牧師がいないことです。その代わりにメンバーがそれぞれ音楽や聖書勉強、キッズプログラムを担当しています。嬉しいことに、様々な国の人がOICFを訪れ、とても楽しく多様性のある教会になっています。また長く参加している人、仕事や勉強の期間だけ参加している人、とそれぞれです。

私たちの教会は、どなたでも大歓迎です。私たちの礼拝と交わりに来てみてください!